スピーチのコツをつかむ

コツさえつかめばスピーチは簡単です。

1.スピーチは心から二人を祝福する気持ちが大切です。
2.スピーチは事前に材料になる話をきちんと調べておく。
3.スピーチは3分以内で短く、簡潔に行なう事が重要である。
4.スピーチは解りやすい言葉で構成する。
5.スピーチの構成は「起承転結」のルールが基本である。
6.スピーチはエピソードを盛り込むことで雰囲気がぐっと盛り上がる。
7.スピーチはユーモアをスマートに取り入れる。
8.失敗談には必ずフォローを忘れないようにする。
9.スピーチはその会場の雰囲気に合った対応をする。
10.スピーチに取り入れる格言・引用は使い方を注意する。

ウェディングスピーチ 一発解決!!


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

スピーチの事前準備

1.原稿作成
2.解りやすい言葉で表現をする。
3.原稿用紙3枚程度にする。
4.声に出して復唱する。
5.友人や家族にスピーチを聞いてもらう
6.鏡の前で表情をチェックする。
7.他の来賓のエピソードを確認する。

結婚スピーチなら これで解決!!


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

表現のチェック

1.スピーチをしている時は堂々とした態度を取るよう心がける。
2.正しい姿勢をチェックし、腰の位置を意識する。
3.手はうしろで手を組むか、おへその下あたりで軽く両手を合わせる。
4.歩き方はリラックスして背筋をピンと伸ばし、少し大股で歩く。
5.視線は、自分の話を好意的に聞いてくれる集団に焦点を合わせる。
6.あがらないコツは開き直りが一番である。
7.マイクの高さは、あごからこぶし一個分下ぐらいにして、少し離す。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★


気をつけたいタブー

1.過去の恋愛の話
2.フォローなしの失敗談
3.災害にまつわる話
4.人の死にまつわる話
5.身体的特徴にまつわる話
6.収入にまつわる話
7.年齢にまつわる話
8.病気にまつわる話
9.断念した夢や進路の話
10.物事の終わりや集団の解散などにまつわる話
11.きわどい話
12.忌み言葉

一般的な忌み言葉

<不吉な印象の言葉>
しめやかに/死ぬ/病む/

<終わりを意味する言葉>
終わる/切る/切れる/ 破れる/破る/
別れる/離れる/

<現状逃避につながる言葉>
出る/出す/戻る/去る/ 帰る/帰す/返る/返す/飽きる/

<崩壊を意味する言葉>
滅びる/壊れる/褪せる/あせる/倒れる/衰える

<非常識につながる言葉>
とんだこと/とんでもない/

<繰り返しを意味する言葉>
なおまた/ではまた/かさねがさね/重ね重ね/皆々様/みなみなさま/
みなみな様/くれぐれ/たびたび/度々/繰り返し/くり返し/くりかえし/
重ねる/

<否定的感情を意味する言葉>
悲しむ/嫌う/薄い/疎んじる/うとんじる/冷える/
浅い/再び/ふたたび/病む/敗れる/
憂い/うれい/痛ましい/流れる/散る/無/苦しい/


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★





仲人のスピーチの心得

ある程度厳粛な気持ちで、式の完了を報告し、来賓のスピーチが3分とすれば仲人は5分以内におさえます。
宴を盛り立てることを忘れず、センス良く、とっておきの言葉を用意しておきます。
頼まれた仲人であったなら、二人が結ばれるきっかけになった人物が式に出席している場合はその人のことも配慮して、軽くふれるのが礼儀です。
 
 スピーチの流れは

  1.自己紹介
  2.列席者への感謝の言葉
  3.挙式の報告
  4.新郎新婦の紹介
  5.結婚式に至るまでの道のり
  6.祝福の言葉
  7.二人への援助の依頼
  8.結びの言葉


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★


主賓のスピーチと心得

主賓は披露宴のムードメーカーであり、式場を見渡して、来賓が 求めているものを察知すれば良く、堅苦しいことをいう必要はあ りません。
修辞の口火を切る主賓のスピーチは率直に力強く、二人を祝福し、激励すれば良いのです。ただし、格調の高さも忘れずに・・・

 1.まず着席をうながす言葉をかける。
 2.本題であるスピーチに移る。
 3.新郎新婦の方に体を向けて力強い声で祝福の言葉をかける。
 4.スピーチは5分程度を見安に


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

一般来賓のスピーチと心得

1.自分の話から何か一つでも新郎新婦や列席者に伝わるものがあれば良いという心構えで行き ます。
2.自分は人生における先輩なんだという一言を語りましょう。
3.雰囲気を壊してしまわないよう、ちょっとしたジョークを交える。
4.スピーチの時間は一人3分を目安に
5.前置きを少なく、ずばっと本題に入る。
6.新朗新婦の人柄に華を添えるよう、欠点では無く、長所が浮かぶ ような話にする。
8.スピーチはあくまで明るく歯切れよく。「昔は良かった」という話ではなく「これから先、すばらし い未来が待っている」が結婚のスピーチのテーマです。それを忘れないで下さい。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

友人、同僚、後輩のスピーチと心得

1.同世代の強みを生かして、親しみやすい楽しいスピーチを用意しておくと良い。
2.スピーチのネタには楽しい話、素敵な出来事、感動的なシーンなど、思いだせば多いはずです。知られざるエピソードなど語るのがベストでしょう。
3.下品にならず、はしゃぎすぎないよう、その場にピッタリしたものを選ぶよう注意しましょう。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

親族のスピーチと心得

1.親族として出席者に挨拶するときの基本としては、心を込めた丁寧な挨拶を第一に「出席者へのお礼」の言葉です。
2.親族のスピーチでもっとも聞き苦しいのは、身内なのに褒めすぎることです。
3.親族のスピーチは親しさを表す要素として、出来るだけ短く、話したいテーマを要領良くまとめる事です。
4.新郎新婦の成育など、具体的なイメージが湧くようなスピーチにまとめる。
5.友人とは違う親密な関係を語る。
6.遠い縁戚関係はおりめ正しく、親族の親しみというより、フォーマルな態度を示し、自分がどこの家を代表して出席しているかがわかるよう挨拶します。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★


新郎新婦のスピーチと心得

1.スポットライトの当たる二人が主役です。終始、主役として恥しくないにこやかな態度を忘れない。
2.どんなスピーチも二人の為に語られているのです。自分たちに向けられたものであることを意識して、感謝しながら聞くようにする。
3.宴の最後を飾るスピーチは、心のこもった感動的なスピーチを心がける。
4.新郎新婦の挨拶の基本
  @短く丁寧に
  A素直に感謝を表現する
  B要領よく
  C二人の決意を語る
  D今後の助力と支援を依頼する
5.新郎だけの挨拶なら妻の言葉も入れる。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★

再婚者の披露宴のスピーチと心得

1.再婚であることに、さらりとふれる。
2.さしでがましい表現がないように、結婚以前の出来事には慎重な対応が必要であす。
3.短くわかりやすく、要領の良いスピーチにしあげる。
4.仲人は再婚であることを隠さず、新しいスタートはどんな場合も明るくさわやかなものだとアピールしてあげる。
5.司会者は仲人と違って、その場を明るく楽しい雰囲気で盛り上げればいいのですから、過去には触れないほうが無難です。
  これからの前向きな二人にイメージをしぼって、会をすすめることを考える。


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★


司会者のスピーチと心得

1.司会者の役割はただ物事を進行させるだけでなく、列席者の気持ちをじょうずにまとめであり、場をじょうずに盛り立てることがベストです。
2.司会者は披露宴のペースメーカーあり、時間どおりに宴を進行させるという大事な役割である。
3.祝福する気持ちは列席者と同じです。ここは一つ、新朗新婦への祝福を司会にこめて最高の宴を演出するぐらいの気持ちで司会にのぞむことである。
4.司会者は決して主役では有りません。出すぎないように・・。
5.完璧さよりも気持ちを込めて、素人なら素人らしく、一生懸命な司会をすればいいのではないでしょうか。
6.式の進行ごとの役割を頭に入れる
 一例として
 @新朗新婦に入場 5分
 A開宴の挨拶 5分
 B仲人紹介 10分 
 C主賓紹介 10分 
 Dウエディングケーキ入刀 5分 
 E乾杯 5分 
 F来賓紹介(上司、恩師)10分
 Gお色直し 10分
 H来賓紹介(友人)10分
 I余興 15分
 Jキャンドルサービス 10分
 K祝電紹介 5分
 L両親への花束贈呈 10分
 M謝辞 5分
 N終宴 5分


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★