司会者のスピーチと心得

1.司会者の役割はただ物事を進行させるだけでなく、列席者の気持ちをじょうずにまとめであり、場をじょうずに盛り立てることがベストです。
2.司会者は披露宴のペースメーカーあり、時間どおりに宴を進行させるという大事な役割である。
3.祝福する気持ちは列席者と同じです。ここは一つ、新朗新婦への祝福を司会にこめて最高の宴を演出するぐらいの気持ちで司会にのぞむことである。
4.司会者は決して主役では有りません。出すぎないように・・。
5.完璧さよりも気持ちを込めて、素人なら素人らしく、一生懸命な司会をすればいいのではないでしょうか。
6.式の進行ごとの役割を頭に入れる
 一例として
 @新朗新婦に入場 5分
 A開宴の挨拶 5分
 B仲人紹介 10分 
 C主賓紹介 10分 
 Dウエディングケーキ入刀 5分 
 E乾杯 5分 
 F来賓紹介(上司、恩師)10分
 Gお色直し 10分
 H来賓紹介(友人)10分
 I余興 15分
 Jキャンドルサービス 10分
 K祝電紹介 5分
 L両親への花束贈呈 10分
 M謝辞 5分
 N終宴 5分


★結婚スピーチの事なら楽天で・・・コチラです。★